高麗人参の様々な効果ー脳に良い影響

******(画像説明)

高麗人参が、脳に良い影響を与える事をご存知でしょうか?
認知症等の脳の病気の進行を止める効果も期待されています。
特に、自律神経の不調による「体調のバランスを元に戻す効果」に優れているのです。
高麗人参と脳の関係について、愛媛大学医学部の吉村裕之教授が「心理的ストレス潰瘍に対する紅参の作用」と題した論文を発表しています。
今回は、高麗人参の脳への影響について、皆さんにご紹介させていただきます。

古来より自律神経失調症の妙薬として利用

古来より、仙薬や霊薬として珍重されてきた高麗人参。
実は、病気や怪我の回復だけではなく、精神を落ち着かせる効果があると分析され、利用されてきた歴史があります。
古代中国にて、敵国からの脅威に対抗するため、自ら戦いに望もうとした権力者に対し、その側近たちは冷静になって聞いてほしいと懇願しましたが、聞き入れてもらえませんでした。
そこで、高麗人参を与えることで自らの主人を冷静にし、最善の方法を導き出すことで可能な限り無益な戦いを避け、その結果、国を守ったと記録が残っています。

実際に鬱病に対する効果を確認

高麗人参には、「気分を高揚させる効果」と「気分を落ち着ける効果」の両方に効きめのある成分が含まれています。
この、「両方が」という所がポイントです。
つまり、結果として「双方のバランスを調整する」作用が働き、高揚している人には落ち着かせる効果を発揮し、落ち着いてしまっている人には、高揚感を与えて行動的にする効果を発揮すると言うことなのです。

この効果により、自律神経に異常をきたし「鬱病」になった患者さんの心のバランスを改善する可能性を秘めており、原因の特定が難しい自律神経失調症の改善に繋がるとして期待されています。

ここで注意しなければならないのは、あくまでも自律神経異常に対するバランスの調整に役立つと言うことです。
鬱病の原因の多くは、何らかの「ストレス」です。
高麗人参がいかに精神のバランスを整えてくれるといっても、直接の原因である「ストレス」を取り除かなければ完全な回復は難しいでしょう。

鬱病に悩んでいる人にとって、直接の原因を取り除くことは非常に難しく、そのためにも一旦冷静になる事はとても重要です。
高麗人参の脳への影響によって、自律神経のバランスを整えることができれば、冷静に人の話を聞くことも出来るようになるでしょう。
そうすることで、原因となるストレスへの考え方や対処方法も良い方向に向かう可能性が高くなるのではないでしょうか。

美容と健康、疲労回復等に対する効果ばかりが注目されている高麗人参ですが、実は脳にもよい影響を与えてくれる薬草です。
普段から高麗人参を摂取することで、常に冷静に判断できる余裕が生まれるとしたら、仕事や普段の生活をより豊かに送れるのではないでしょうか。
【お役立ちリンク】高麗人参のレシピ http://www.110coolweb.jp/10.html
高麗人参の副作用http://xn--gmq95jgyynf6avmmojf.com/04hu.html