高麗人参の様々な効果ー免疫を強化

******(画像説明)

「高麗人参は、どんな事にも効果が期待できるのでは?」
と考えてしまうほど、ありとあらゆる方面で良い方向の効果をもたらしてくれる高麗人参。
エネルギーみなぎる健康な体を得るために、高麗人参を毎日摂取する人は少なくありません。
そんな高麗人参ですが、科学的にその全容が解明できていないことをご存知でしょうか?
確かに、高麗人参によって様々な良い影響が認められていますが、必ずしも同じ結果が導き出されるわけではありません。
比較的良い方向に結果が集中しているのは間違いないのですが、「繰り返し精度」と言う意味でのパターン的な解明はなされておらず、現在も研究が続けられています。

しかし、多くの臨床検査結果が公開され、概ね非常に良い結果となっており、高麗人参が人間の体にとってとても良い影響を与えてくれることは間違いないでしょう。
そんな高麗人参が導き出してくれる素晴らしい効果について、皆様にご紹介させていただきます。

ウィルスに対する高麗人参の効果

風邪やインフルエンザなど、人間に悪影響を及ぼすウィルスに対して、高麗人参はどのように作用(影響)してくれるのでしょうか。
面白いデータがインターネット上に公開されています。
健康な成人277人を2チームに分け、チームAの114人に高麗人参を摂取させます。
チームBの113人には、とくに人体に影響のない薬を飲んでもらいます。
チームAの高麗人参は、エキスにした物を1日に100mg摂取。
それを12週間続けます。

12週間後、臨床検査に参加した人のウィルス感染率を調査すると、

チームA → 13%
チームB → 37%

という結果になったそうです。
チームBは、チームAに比べ、ウィルスに感染する確率が2倍になっています。
高麗人参を摂取し続けることで、ウィルスに対して何らかの抗体が出来たのではないかと考えられます。
高麗人参の高い抗酸化作用が導き出してくれた素晴らしい結果です。

NK細胞が活性化しているとの検査報告も

ウィルスを撃退する人体の仕組みで、最も注目されているのがNK細胞(ナチュラルキラー細胞)です。
このNK細胞、人体の内部にあって、最前線で活躍する免疫細胞として知られています。
NK細胞は、人体の中で一番敏感にウィルスに反応する細胞で、脳からの指令を待たずに独立してウィルスを攻撃してくれるスグレモノです。
そのNK細胞の働きを、高麗人参が増加させる事実が認められています。
高麗人参を定期的に摂取すれば、NK細胞が常に元気な状態を保つことができるので、ウィルスに強い体を維持できるというわけです。

高麗人参を飲み続ければ、ウィルスに感染する確率をぐっと下げることが出来るようです。
ご紹介させて頂いた検査結果から、一度に一気に摂取するのではなく、毎日少しずつの摂取を続けることが大切であるといえそうです。
毎日の健康のために、高麗人参を定期的に試してみてはいかがでしょうか。